第2回サルファイト矯正 講習を終えて

 

8日~9日と週末にかけて

記録的な大雪となったばかりの関東ですが、

昨日、
無事にセミナーを開催することができました。

第2回 サルファイト矯正 in 東京 

 

場所
板橋区小豆沢
HAIR SHOP WHITE
03(3966)5901

 

今回のテーマは、
ダメージ毛に対応しての
メーカーさんとの新試薬の勉強会といった感じです。

内容成分を少し、ご紹介すると、
酸性サルファイト(重亜硫酸ナトリウム)をメインに配合されています。

髪に優しいノンアルカリ処方

  • PH7.0
  • アルカリ 0ml

縮毛矯正、ヘアカラーを繰り返したダメージ毛や
センシティブ(敏感)な毛髪にも対応といった感じです。

上記の内容からすると
理美容師さんが安心して施術できる
そんな薬剤ですね。

 

それと、
縮毛矯正に関しては、
昨年から大きな変革があった年だったと思われます。
更に また新たな新薬剤の加わりです。

 

さて施術です。

ヘア履歴

半年前に縮毛矯正され
カラーを施されています。

根元~中間にかけて ローダメージといった印象。

髪質は
ハリのあるしっかりとした毛質。
大きなうねりが見受けられる波状毛といった感じですね。

 

 

ここで、一箇所問題点。

モデルさんが2週間ほど前にフロントのみの矯正をされ、
見事に ビビり毛にさせられたとのことです。

モデルさんには申し訳ないのですが、
講習する側にとって、とてもラッキーなことです。

それは何故か?
受講者の皆さんにとって、
曖昧で良く理解されていない施術として上げられるのが

そ!

ビビリ修正を間近で見れる大チャンスだった訳です。

僕の考えですが、
講習とはヘアーショーではありません。
皆さんと勉強する場所です。

 

例えば、
めったに ありえないない事でしょうが

講師が施術に関して 失敗され、
逆に
何故こうなったか?を
一緒に考える時間の方が
よっぽど勉強になる時間ではないでしょうか?

また 受講者の皆さんは
どうして自分がここに居るか?

受講された皆さんの全員のお考えは、
サロン繁栄の為に受講される訳ですからね。

綺麗な仕上りを見に来ただけではなんの意味もございません。

そこで、
サロンワークでよく耳にする
お客様の悩みを、プロ同士が
一緒に考える、そんな講習でも良いかなと考えた次第です。

なので、

あえて、

今回のモデルさんを使用させていただきました。

 

フロント

ビビり毛  修正

マゴさん直伝。

 

 

 

新薬剤の施術に戻りましょう。

シャンプー後

前処理  CMCのみ。

根元~毛先

塗り分け無し ワンタッチ

中間  コンプレックス

 

 

Wアイロン  使用

 

 

 

2剤も たっぷりと 7+7分

 

 

仕上りです。

 

 

 

アンダーのチェックです。

 

 

艶感  チェック

 

 

 

新薬剤のトータル的な印象としては、
非常に扱い易い商品だと思います。

サルファイトならではの 柔らかさと艶感は
施術する側にとって、お客様に明確に伝えられる商品だと思います。

今までには考えられなかった
サルファイト主剤の矯正剤が
新たに進化した形は注目するべきではないでしょうか?

 

講習を終え、
モデルさんマゴさんと記念撮影です。
フロントのビビり毛も緩和されたことでしょうね。

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

最後に 受講者の皆さん。

大雪で足元が緩い中、ご参加され
お疲れ様でした。

また機会がありましたら一緒に勉強しましょう。

 

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA