マルスタンミュー (アルカリ タンニン)

スポンサーリンク



マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

一昨日の タンニンパーマの講習 を受け
早速 、 実験です 。

  • チオ
  • システアミン
  • サルファイト

質感調整 に 薬剤 を 振分けたい 還元剤ですが
上記 の 還元剤 に
ヘナを混合させ 36時間放 置後
ヘナから抽出される タンニン料は 約 1 %

正確的には 0、98 %

還元剤に 約3%は 必要ということで
その差を どう補うか ? が 課題でしたが

その課題を クリアー出来たという 製品が
マルスタンミュー (アルカリタンニン) だということです。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

さて 早速 、 お客様から頂いた 人毛 で 実験 。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

ガラス 容器 には
10日程前に チオ + ヘナ の 混合剤 を 作り置きしたもの (PH 8、8) に
マルスタンミュー を 2 % 混合させます 。

ロット 22mm 使用

ワインド

2回転 半

フェルト で 熱の放出を 避けます。

加温 60° 8分

更に、50° 5分 追加します 。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

中間水洗 後

クリープ

50° 5分

45° 5分

クーリング 後に

マルスアソーション (酸性タンニン) を 塗布します 。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

2液 処理後 (過水)

軽く シャンプー

実験 結果となります 。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

ハリとコシを感じる上
滑らかな手触り感はやはり
タンニンパーマならではといった感じです。

 

マルスタンミュー (アルカリ タンニン) 毛束で実験

 

今回はチオを使用しましたが

今後は
システアミン
サルファイトを使用して実験したいと思います。

 

 

 

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

お気軽に申請して下さい。

Noboru Kobayashi

バナーを作成

スポンサーリンク

コメントを残す