フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

スポンサーリンク



フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

仮店舗営業中!256日目

おはようございます。

GWも終わり
ひと安心と同時に暇な時間は研究します。

お客様から頂いた人毛使用。
ノンカラー矯正毛です。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

この髪を極力傷めずブリーチしたい。
そんな思いから使用した薬剤は

パウダーブリーチ : OX 6%1:5(イチゴ)

以前からBBKが欲しかったAAPを混合させ
MAX16レベルのトーンアップを試みます。

完全に毛髪を密封させ
活性ガスを利用し効率良くブリーチさせます。

加熱放置30分。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

ラップの膨潤度からして
30分は放置した方が良い結果に結びつく感じです。

仕上りはご覧の通り。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

更に
ノンジアミンカラーを被せます。

インディゴ+イエロー 1:1 塗布。

20分放置

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

室内での明るさはこんな感じですが、
光に当たる野外では こんな光沢感です。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

さらにチャレンジして
チェリーピンク選択。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

ですが・・・
このままパーマを巻いたら どーなるんだろう?

早速、試します。

塗布後

L8  7分

中間水洗といった具合に
いつものクリープです。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

結果、
パーマもかかり、色味も残りました。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

結果前は
パーマ部分だけ色褪するのだろー と思いましたが。。
なんと予想外。

そういえば・・
システアミンが出始めた頃
カラーとパーマを同時に施術した記憶?

で、

カラーを先にパーマを後で。
といった記憶があり、、、
先行したカラーの退色が さほど色褪されない。

そんな記憶がありましたね。

<データー>

ノンジアミンカラー

PH6、5

低温で融ける(約30℃)性質があり、

加温した時のヘアトリートメント効果はより高くなると考えられます。

L8

システアミン 4%

チオグリセリン 0.5%

チオ 1.5%

シス 0.5%

PH8

アルカリ度 3程度

見比べるとこの様に。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

さらに、
色味を定着させる為に きっちりと乾かします。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

これを応用するとダメージされた部分に
トリートメントしつつ
薬液も塗布できる ということですね。

更に色味が楽しめる!

また、欲しいカール部分に
明るめのカラーを演出できるということです。

例えば、グラデーションカラーなど。
まだまだ応用がありそうですね。

これは、あくまでも
BBKオリジナルの研究です。

馬鹿馬鹿しいと感じた方はスルーして下さい。

それと、手も汚れない結果。
施術側としては 嬉しいですね。

 

フィトステロールパーマ 「ノンジアミン」

 

遊び心に研究は 楽しいものです。

最後に
フィトステロールとは=植物性ステロールの総称
それを題材にしたパーマとでも申しましょうか!?

BBKオリジナル
フィトステロール  パーマ

研究は まだまだ続く。。

 

イチゴクリアカラー ASH 「日本で 一番 白髪染めが明るく入る イチゴカラー」

イチゴクリアカラー ASH 「日本で 一番 白髪染めが明るく入る イチゴカラー」

2013年5月5日

 

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

お気軽に申請して下さい。

Noboru Kobayashi

バナーを作成

スポンサーリンク

コメントを残す