ヘナを吸着させるには温度か?

Henna




ヘナを吸着させるには温度か?

仮店舗 営業中! 193 日目

前回 ヘナをされて ご好評でしたので リピートさん です。

ありがとうございます。

毛先の状態は かなり傷んでます。

なので 15cm カット。

テラ水 塗布 後

クオタ (毛髪表面の疎水化を回復) を被せます。

コーミングが スムーズに行われ 仕事効率が UP します。

ここで ヘナを 使用しますが

夏場であれば 水

冬場であれば 40° ~ 42° の お湯を足すことでしょうが

ヘナに 80° の お湯を入れ 混ぜます。

テラ水

混合もよろしいかと? 思いましたが

本日のテーマは 温度 ということで ・・ 80° のお湯

想像しただけでも

熱いんじゃね~ と思いがちですが

理容で行われる シェービングに関しても

シェービングカップに 80° のお湯を注ぎ

実際

お顔に 塗布するわけです。

なので 、 可能 です。

少々 、熱ければ 施術者 が 微調整 すればよいのです。

さて 、 実際 に 塗布。

的中 です!

お客さんから

暖かくて

気持ちいぃ~と言われ

満足。

結果、

ヘナに抽出する温度は

これが 限界 かと思われます。

Henna

湿熱 後

お流し

色味の 喰いつきが よろしいようです。

通常の カラー時間 と 対して 差がありませんでした。

クオタ と 高温水 の コラボで 時間短縮に繋がった 結果です。

サロン側にしても、お客さんの立場からしても

嬉しい限りですね。

ブリーチヘアにHenna

ご来店 ありがとうございました。

ヘナに18-MEA

ヘナに18-MEA 「吸着率 時間短縮は可能か?」

2013年1月19日

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング

お気軽に申請して下さい。

Noboru Kobayashi

バナーを作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です