チオグリセリン を使用してのパーマ 「感じたことは」

チオグリセリン を使用してのパーマ 「感じたことは」




まずは 、チオグリセリン を使用するにあたっては 感作性 に気をつけなければいけません 。

強い 濃度で お客様の 皮膚に 直接あたってしまっては

取り返しのつかない 事態になってしまうかも しれませんので その辺に関しては 充分な配慮が必要です 。

チオグリセリン を使用してのパーマ 「感じたことは」

さて 、 施術と参りましょう 。

3月に アップヘアをする 予定ですので
カットは 2 、3cm 程度で
毛先に ワンカール程度の パーマが欲しいということです 。

特に 痛んでいる部分に
カールが欲しいので 慎重に施術 したいものです 。

チオグリセリン を使用します 。

つけ巻きに チオグリセリンを 使用し ワイディング 終了 。
低 加温( 10分 程度)

イメージとしては
じっくり 髪の芯 まで 攻めます 。

その 後

アクティブ

システアミン 4%

チオグリコール酸 2%

システィン 0.5%

PH 8.8程度

アルカリ度 7程度

加温 5分

中間 チェック

弱い ですね 。

プラス 3分

OK です 。

後 処理後は こんな感じです 。

仕上がりは 「優しい感じ 」ですね 。

パーマ落とし

パーマ落とし 。。。酸性矯正剤

2013年1月11日

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です