Without strain ボブ

bob




Without strain ボブ

「力まず ボブヘア を カットする」

仮店舗営業中!154日目

おはようございます。 BBKです。

昨年10月 無事に結婚式を終え
新妻となった お客様。

本当におめでとうございました。

早いものですね。
あれから 3ヶ月。

結婚式前は 2人仲良く

BBKに ご来店されましたね。

そして、

とても

ラブリーな雰囲気でしたよ。

僕は、

この

お姫様ダッコが忘れられませんでした。(爆)

お姫様ダッコ

本日はカットですね。

僕の予想では毛先くらいの調整かな?と思ったのですが

なんとバッサリと

ボブヘアに、、。

もしかして、、、(ベイビー?)

本人曰く

じゃ

無いそうです(笑)

本題に入りましょう。

日本人特有の

ゆる~い 波状毛。

それに毛量は多い。

しかし、

セニングを多めにしてしまうと

逆効果で膨れます。

必要とされない部分は大胆にカットし
髪の揺れ動く部分には 重さを残します。

その辺を考慮しながら カットに入ります。

鋏みを入れた瞬間からは 立ち止まれません。

イメージされたデザインを遂行するのみです。

あとですね。

特に 大きくスタイルチェンジする場合など

僕自身

普段から心掛けることは


Without strain(力まず)です。

頑張り過ぎると
ついつい固いヘアスタイルになってしまいがちです。

楽し~いって

そんな気持ちで施術すると良い結果が出ます。

まずは、
アバウトにラインだけ決めます。

ブツ切り状態から調整します。

特に

アンダーセクション。

後頭突起部、耳後部にかけては
髪の毛量が溜まりやすくなる部分です。

その部分を 理容技術の
刈下げを行います。

櫛で掬って

刈上げずに 刈下げます。

髪にも念じます。

内側に入れ~   なんてね。(爆)

すると櫛の運行が骨格に合わせて

丸~く
スムーズに行われます。

この技術、
指でパネルを引き出すよりも
はるかに 正確で早い。

最高の技法と言えます。

僕は どちらかと言うと
レザーは ほとんど使用しません。

と いうか

お客様の中にはレザー使用を嫌がる方もおられます。

過去にトラウマ的な
痛い思いがあったのでしょうか、、?
(レザーにはレザーの良さがあるのですがねぇ~)

なので、
10%のセニング鋏みを多用します。

さて、そろそろ最終段階
微調整に入ります。

ご覧のとおり

お客様は
鬼太郎━━━━!! 状態

こうして、
髪を振って あげることが大切です。

では・・・、

ふわっ~とした

グラボブの完成です。

サイドは
アゴラインに沿って
シャープさを強調させます。

お客様の持つ
本来のボリューム素材を活かし
可愛いらしさと
シャープなラインをミックスさせた

そんなスタイルです。

bob

それと、ご来店されたゲストですが

こうして見ると お嬢さんから
奥様へ。

そして、
いつかは 母親へと
なることでしょうね。

ヘアスタイルのせいでしょうか?

どことなく 凛とした姿が
チラッと見受けられたりして。。。。

お幸せに~♪

髪と会話しなさい!

2012年12月28日

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


ヘアケア・スタイル ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
 

エキテン←クチコミ投稿

フェイスブック友達募集中です!

お気軽に申請して下さい。

Noboru Kobayashi


バナーを作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です