タンニン架橋 デジタル クリープパーマ 「サロンメニュー化に向けて 検証」

タンニン パーマ




タンニン架橋 デジタル クリープパーマ

仮店舗営業中!199日目

おはようございます。

ヘナは ただの 草 ではないような気がします。

その前に  スカイスパ が 施術されている
タンニン架橋 パーマ を
BBK は デジタル パーマ機 を使用して研究している次第です。

名付けて タンニン架橋デジクリパーマ です。

さて、
サロンメニュー化 に向けて 検証を行います。

今回は ロングヘアー

モデルのトップの長さは30~40cm
ダメージに関していろいろなヘア履歴が伺えられます。

施術内容は広がるクセを落ち着かせたい。
さらに痛んだ毛先ですが、
パーマもかけたい。
そんな想定です。

また上記の、お悩みのお客様は多々いらっしゃると思われます。

まずはヘナ塗布

ナチュラル+アワル=1:1

18-MEAを噴き付け吸着を良くします。

しかし、
今日は思考をちょっと変えてみます。

まず、   一点目。

ワインド後

早速

デジ機  装着。

薬液塗布前に 60° 5分加温します。

(プレ加熱処理といった具合)

タンニン架橋デジクリパーマ

加熱処理を加えることによって

ヘナに含まれる特定のものを抜き出し
より効果的になるのではといった考えです。

アクティブ

L8   10分

たっぷりと スポイト水洗

クーリング

そして、本日の思考策

2点目。

2液

今回は過水を使用しません。

臭素酸イオンBrO3−

ブロム使用です。

10+10分

タンニン デジタルパーマ

ロットアウト後

さらにブロム塗布

よく揉み込み

放置。

ドライ

ロット部分以外は
加熱処理もせず 自然放置状態でしたが
パーマ施術時間内には発色しています。

ということは、

ダメージ毛であっても
お客さんのご要望に応じて
パーマと同時に 質感向上に優れるヘナの施術が

できる

という訳ですね。

さてスタイリングですが

トップに

アワルを混合させた分
やさしいオレンジといった感じでしょうか。

良く発色しています。

毛先は しっとりとした手触り。

ダメージも最小限に抑えられたようですね。

タンニン パーマ
ヘナ デジタルパーマ

ヘナ デジタルパーマ(モデル編)

2013年3月7日

いつも訪問ありがとうございます。

ランキング参加中です。
ポチっと よろしくお願い致します。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


美容室・サロンランキング

お気軽に申請して下さい。

Noboru Kobayashi

バナーを作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です